人気ブログランキング |

マンシーニが来たよ

マンシーニがインテルにやって来ました~。

昨日メディカルチェックも済ませて準備完了。
そしてアッピアーノで記者会見。
f0172142_011371.jpg

以下はやり取り。

あなたはモウリーニョ政権下のインテルに初めて加入した選手です。新しい監督の印象は?
-印象は良かったよ。会った時監督はとても穏やかで落ち着いて見えた。インテルで一緒にいい仕事が出来るよう期待するよ。そして重要なトロフィーをいくつも勝ち取りたい

いつもインテルを外野から見てたわけですけど、ネラッズーリは本当に強いチームだと?

-ここ2、3年インテルは自分たちが最強だというのを示してきたね。スクデットを連続で勝ち取って、ホント恐るべきチームだよ。
ここにはサッカーを知り尽くしていてチームをさらに強めるために努力する、最高レベルの選手たち、素晴らしい監督がいる。

ローマとの関係がどのように、いつ決裂したのか教えてくれるかな?
-正直、そのことに関わりたくないんだ。
それらのことを解決するのにぼくの代理人がいるわけだし。ぼくが言えるのはインテルがぼくを獲得しようとしてくれた事が凄く嬉しかったってことなんだ。
インテルは偉大なクラブ、チームだからね。他の事は代理人に訊けばいいよ。

あなたがイタリアに来た時、ヴェネツィアのフルバックとしてプレーしましたね。ローマではサイドアタッカー、ストライカーとしてもいい働きをしていました。
今後はどうなのか説明できます?

-ヴェネツィアで起こった全ての事がとても良かったよ。セリエAのカンピオナートより難しい、セリエBでプレーする事から多くのことを学んだ。
ヴェネツィアに関して未練は無いね。ブラジルからやって来たぼくにとって凄く重要な体験だったんだ(笑)
マイナス6度の北イタリアは40度のブラジルより少し寒かったけど・・・でもぼくは幸せだった。
プレーの役割は、コーチが決める事だしぼくはいつも尊重するよ。ぼくはいつも自分の任務を果たしてきた。人生の中では人間として、アスリートとして成長する事を学ぶものなんだ。

モウリーニョ・インテルでウィングとしてプレーするには人数が多い気もします、あなたはこの仕事をする1人としているわけですが・・・余計な負担となりますか?
-ぼくとチームメイトにとっても同じ事。でも監督がウィングを起用するのが好きなら、ぼくには好都合だね。だってぼくはサイドでプレーするのが好きだから・・・
ぼくは他の事も出来るし、インテルに貢献したい

インテルではアドリアーノはじめ同郷人が何人かいますね。ジュリオ・セーザル、マイコン、そしてマクスウェル。
ブラジル人がイタリアンになるのか・・・逆もありかな?

-どっちもちょっとアリかな。多くのブラジル人がここ何年かでイタリアへ渡った。イタリアでおんなじ国の奴を見つけられるのは嬉しいよ。
でもインテルというチームはいい選手と多くの南米人で構成されてる。確かにそれが馴染むのに役立つかも・・・何しろぼくは5年間イタリアにいるんだよ。

あなたはスーペル木っ端と二つのTIMカップをローマで勝ち取りました。インテルでの夢は何ですか?
-まずぼくはいい仕事がしたい。それから何か重要なものを勝ち取りたいとマジ望んでるんだ。スクデットをもう一度獲得したいし、それからチャンピオンズリーグ。勝ち取るのは悪くないだろ?
ぼくらは目標目指して頑張るよ。

モウリーニョのような偉大な監督にコーチされたり、フィーゴみたいに偉大な選手とプレーできるのはどんな気持ちですか?

-モウリーニョみたいなすごい監督と仕事できるチャンスをくれて嬉しく思うよ。ぼくが大きな責任を任せられそうな、インテルのようなチームでプレーできる事も。
上手く行くといいんだけど。フィーゴについて・・・彼はR・マドリードやバルセロナのような凄いチームのためにプレーした選手だし、彼のチームメイトになれるなんて嬉しすぎだね。

インテルではアドリアーノに会うでしょう・・・

-彼はぼくらと共にいる。彼は重要な選手だし、過去のトラブルに打ち勝ったんだよ。ブラジルで彼は順調だったし、カンピオナートではサンパウロでの得点王だ。
彼は一流プレーヤーなんだよ。ぼくらのチームにとって重要なんだ。

ローマでの最後の何ヶ月間、あなたは大変そうでしたが?

-シーズン半ばにR・マドリード戦で足の甲を怪我してしまって、約20日間プレーできなかったんだ。
その間トレーニングできなくて、試合カンを失った。でもぼくは頑張り続けて13ゴールあげたし、まずまずのシーズンだったよ。
でもぼくはローマにいてとても幸せだったし、この機会にクラブにお礼を言いたい。ファン、そしてローマの人々に。貢献できた重要な5年間でぼくは幸せだった。
インテルへの移籍にしても2チーム間が素晴らしく平穏でプロ意識に溢れ、締結もインテリジェンスだったよ。

Amantino Mancini: "We'll win together"

・・・まだ少しあるんですが、力尽きました。

f0172142_045553.jpg
ローマではカフーの後を継いであまりある働きをしたマンシーニ、大好きな選手です。
こうしてインテルの一員になる日が来るなんて~信じられない、こっちも幸せだわ~。
青黒ユニ持っての撮影はお預け?
契約は4年。とにかく、期待してるからね!!(≧∇≦)b

by loviemma | 2008-07-16 22:04 | インテル 08-09  

<< Boys Back in Town メルセデスカップ(3) >>