時間があったら書くかも…


by loviemma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:プレミアリーグ/イングランド( 20 )

今週のゴール

今朝のチェルシーvsマンUの試合でマンU先制、その後同点弾を叩き込んだダビド・ルイス君のゴールが結構凄かったです。
f0172142_23302433.jpg
前に立ちふさがるエブラとポストの間を射ぬいた強烈なシュート。
f0172142_23553278.jpg
この冬にベンフィカから移籍してきたDF。ちらっとしか見てないのですが、いつぞやの試合で途中交代で出てくる時、まだ英語がままならない彼にパウたんが通訳をかってでていた。てっきりポルトガル人なのかと思いきや、ブラジル人でした。
パウたんはすっかりスタッフのように・・・orz
f0172142_23324236.jpg
しかしダビド・ルイス君はこれからが楽しみな選手ですわ。何となくノスタルジックなルックスも良いすな。

先制ゴールのルーニーのシュートも凄かったけどね・・・ホームのチェルシーは気迫が素晴らしく、逆転優勝は厳しいだろうがこれくらいきばらなあかんのよ、というお手本の様な試合運びだった。
(2-1でチェルシーの逆転勝ち)
f0172142_23421970.jpg
トーレスはというと、こんな感じ。
ちなみにトーレスとすれ違いでリバポに入ったキャロルはようやく復帰の目処が。今度の日曜のマンU戦でデビューかと言われております。今度こそ見れるかな~もう待ちくたびれたよ。
[PR]
by loviemma | 2011-03-02 23:59 | プレミアリーグ/イングランド
暑さにあえぐ毎日ですが、プレミア見てたら涼しそうだし時々雨は降るし羨ましいですねぇ。

リバプール 1-1 アーセナル

開幕戦でいきなりビッグカードだったのですが、いろんな意味で見所満載でした。
アンフィールドで開始からアーセナルにやや押され気味のリバプール。良く見たら新加入のセルビアのヨバノビッチ(ドイツ相手にゴールした)がいるじゃないですか。ちょっと期待しましたがまだ完全にフィットはしていない様子。
アーセナルもリバプールの堅い守備を崩せずパス回しでボール支配率が上がっていくような状態でした。

膠着状態のまま、前半が終わるのかと思いきや、追加タイム中チェルシーから移籍してきたJ・コールがアーセナルの新加入選手コシェールニーを挟み込んで倒し、一発退場。

アンフィールドでのJ・コールのデビューでしたがプレー時間は45分で終了してしまいました。

そのまま前半は0-0で終了。後半開始1分も経たずに10人のリバプールが発奮。エンゴクがキツイ角度の右からシュートを叩きこんでいきなり先制。
エンゴクはEL予選でも好調らしく、昨シーズンまで何故紅テスは彼に拘るのか分からん・・・などと思っていたイメージを全く覆す活躍でした。

アーセナルはシャマクやコシェールーニーなど目新しい選手がチラホラ。W杯でもお目にかかれない新戦力はアーセナルで見るのが一番かしら。ただしシャマクは開始直後は良かったけど、後々目立たなくなっていったけど・・・
まずは同点にしたいアーセナルがウォルコットやロシツキを投入して押し込む状態に。そういやリバポ戦で点を取りまくる印象のアルシャビンはあんまり目だってなかったね。
レイナの好セーブもあったり、リバポもヨバノビッチをマキシ・ロドリゲスに、エンゴクをトーレス君に替えて1人少ないながらも2点目を狙っていきました。

が終了間際にまたもやリバポに悲劇が。ロシツキのシュートがポストに当たり、それを処理しようとしたレイナが誤って押し込んでしまい、アーセナルには願ってもない同点ゴールを献上。
その後アーセナルのコシェールニー(J・コールを退場に追い込んだのでずっとブーイングを受けていた)が2枚目のイエローを貰って最後はどちらも人数でもイーブンに。

トーレス君が黒髪になってたり(元々?)

マンU 3-0 ニューカッスル

ユナイテッド対決。マンUと今季プレミア復帰のニューカッスル。
見るとコロッチーニはいるし、前から見たかったシスコはいてるし(まだ24歳!)、アラン・スミスはいるし、FWのキャロル(見た目どおりピッチ外ではやんちゃらしい)は面白そうだし、エンリケと聞いてルイス・エンリケを想像したり・・・なによりなんでこんなに男前ばかり・・・(*´ω`*)イケメン度ならニューカッスルは間違いなくマンUに圧勝。
f0172142_2365610.jpg

試合はマンUの完勝で、復帰したてのニューカッスルではどうしようもなく、私も正直試合はそっちのけでした。スタンドにはマンチョの姿も。倉敷さんも"誰だか分からないですよねぇ"と半分文句のようなコメント。

チェルシー 6-0 ウェストブロム

バラックが去ってベナユンが入ったくらいで後は昨シーズンとあまり変わり栄えしないチェルシーの皆さん。
監督がアンチェロッティだけに余計な心配をしてしまう。でも、まぁ昇格組のウェストブロムには負けるはずもない。ぽんぽんと点を重ね、気付いたら6点。
マンUあたりと当たるまで楽しみにしていよう。
[PR]
by loviemma | 2010-08-17 22:50 | プレミアリーグ/イングランド
10-11シーズンのプレミアリーグはJスポーツでの放送が無事決定しましたね。3シーズンの放映権獲得だそうで、暫く安心できそうです。
(で、セリエはどうなってんの(TдT) )

いい時間帯からやってたマンC対トッテナムを早速観戦。
f0172142_22273100.jpg
マンチョは髪をばっさり切ったようで別人に。最初誰か一瞬考えてしまったくらいイメージが変わってた。
シティはこの夏かなりな戦力を獲得しているので、相当プレッシャーがかかってきそうですねぇ。インテルでもプレッシャーの下にいましたが、結局イングランドでもそうなるわけね。だからか、結構老けて見えました。

試合は0-0のドローでしたが、内容は結構面白かったです。
シティのGKがこの試合ギヴンじゃなくハートでしたが、かなり良かったですね~ギヴンもうっかりしてたらポジション奪われそう。

そしてこの夏移籍してきたビッグネームその一、シルバはプレミアのスピードに対応できるのか実況に心配されたりしてましたが見た感じ結構やれそうな雰囲気でした。
むしろぶつかり合いが多い分フィジカルが心配なところがあるけど。でも献身的に動く選手だしこの試合ではポジションに固定されず動き回ってのびのびやってる印象でした。
f0172142_22544722.jpg


さてそのシティに先日、ついにマリオも移籍して行きました。
インテル下部組織出身だし粘り強く育てて欲しかったけど、サポートがあったにもかかわらずいらん発言や問題を起こしたりで、最後まで完全に心を入れ替える事もなく、結局放出となってしまいました。
昨年の秋くらいまではCLでも活躍してたんだけどねぇ。怠慢なプレーもちらほら、問題を起こして戒めの為にメンバーから外すと拗ねるしモウさんとの関係も平行線のまま。
そして4月の試合後ユニ投げつけが決定的に。これでモラちゃんの心も離れてしまったと思われる・・・

イングランドとはいえ監督がインテルでもマリオをトップチームに引き上げてくれたマンチョなので心機一転心を入れ替えがんばって欲しいです。
サントンが寂しがるな。
[PR]
by loviemma | 2010-08-15 23:09 | プレミアリーグ/イングランド
チェルシー 1-3 マンU

ウェンブリー・スタジアムで行われた、昨シーズンのプレミア優勝チームとFAカップ優勝チームが激突する、いわゆるイングランドのスーパーカップ。
最近勝者はチェルシーかマンUかしか見て無い気がしますが。

どちらもチャンスを作りつつ逃したり、GKのファインセーブに阻まれたりというシーンがありながら、シーズン前の調整みたいな緩い出だしでしたが、前半41分にルーニーのクロスにヴァレンシアが合わせてマンUが先制。
ルーニーはアシストしたものの、出来はイマイチでおまけに壮大にブーイングされておりました。先日、朝にクラブから出て来てタバコ吸ってた様子がすっぱ抜かれてたようで、W杯での不振とあいまってバッシングもあったもよう。

後半76分にはルーニーに代わって後半から入った今シーズン加入したてのヘルナンデス(W杯でも活躍したメキシコの若手FW)が自分のシュートを顔に当てつつ泥臭くゴールでマンUの2点目をゲット、いきなり結果を出しました。(北米ツアーでもゴールしてたみたいね)
ちなみに登録名が"チチャリート"って。 普通にヘルナンデスじゃあかんの?期待の現われとは思うけど。
f0172142_135987.jpg

チェルシーはカルーが意地の1点を83分に返しましたが、最後は再びマンU・ベルバトフがループシュートで決めて勝負あり。チェルシーは後半ずっと押しててシュート数もマンUの倍以上だったけど何かが足りなかった。ドログバも脅威じゃなかったしな~。前半に2本あったイバノビッチのヘディングシュートが一方でも決まっていれば。

リバポから移籍してきたベナユンも途中出場でしたが、フィットするのにはもう少し時間がかかるかな。意外と青いユニがしっくり来てました。バラックもドイツに帰ったことだし、ベナユンが楽しみです。
マンUは1点は許したもののファンデルサルが始終安定してて調子良さそうだった。けが人がまだ何人かいるようだけど、駒は多すぎる程いてるようだし開幕から走りそうですね。

というわけでマンUがまずは貫禄を見せつけプレミアリーグは来週・・・って今週か。いよいよ開幕。
なのにスカパーではいまだ放送は未定となってるし放映権はどうなってるの。
[PR]
by loviemma | 2010-08-09 01:11 | プレミアリーグ/イングランド

諦めない人たち

今夜はウィンガンvsアーセナルの試合を後半から何気に見てました。
アウェイのアーセナルは勝って優勝争いへ望みを繋げたい、ホームのウィガンは残留争い

順位の表すとおり、まずアーセナルが2点を先制。
でもここからが本当の意味での試合でした。
ウィガンは安心して心を緩めたアーセナルを押し始め、80分から3点を奪って見事に逆転。
まず1点返した後、うろたえたアーセナルが崩れ始めGKがボールをキャッチし損ね、それを頭で押しみ同点、その1分後に逆転弾。昨夜に引き続き凄い試合を見てしまいました。どれもハートのつまったゴールでした。アーセナルもけが人だらけで不運でしたね・・・逆にウィガンには幸運でした。

しかし油断の代償は大きすぎる。そして諦めない心を持つのが何より勝る。リーグも最終にさしかかると、双方モチベーションがあった場合どんな対戦でも面白くなってしまうね。
やっぱり攻めないと勝てません。当たり前だけど・・・
昨夜のトテナムvsチェルシーは、トテナムが勝利!CL出場圏内へ。マンUが勝ってチェルシーは首位の座が脅かされてきましたが、守りに入ると本当に難しい。

インテルも火曜日にバルサを迎えるけど、守って守れる相手でも無いだろうから何でもいいから攻めまくれ~
夢をつなぐために~

ところでアイスランドの火山の件でヨーロッパ中の飛行場が軒並み閉鎖、バルセロナは陸路でミラノ入りの可能性があるそうです。
延期となるにもいつになるか見通しがつかないし、中止となると・・・おっとここまでは考えないようにしておこう(´゚'ω゚`)
[PR]
by loviemma | 2010-04-19 00:06 | プレミアリーグ/イングランド
ランチタイムキックオフのお陰で久々プレミアの観戦でした。
しかもマンチェスターダービー。

もう瞬きも出来ないほど一瞬たりとも見逃せない、面白い試合だった。
結局マンチョのマンCはホームで追加タイム中にスコールズに得点を許してしまって0-1で負けてしまったんですが、それまでの展開が神すぎて、実況の倉敷さんたちも言ってたようにずっと見てたかった(笑)
f0172142_23172080.jpg

主審はよっぽどの事がなかったら笛を吹かないし、試合自体がスムーズに流れてスピード感に溢れ、攻守の切り替えが早くて1対1のガチ勝負(潰しあいとも言う)が迫力あってこれぞフットボール。

両チームミスがほとんど無くて、イングランドのチームはもうCLには残って無くてもこのレベルにインテルが勝てるだろうか、思ってしまうほど凄い試合だった。ダービーならではなんだろうけどね。
とにかく試合中ずっと「テベスうまー」とか「うひゃ~」「惜しいぃぃ」とかぶつぶつ言いながら見てしまった。
観戦に関してもマンUサポは普通に入ってました。赤いユニを着ている人はおらず紛れてたけど。今日の未明のイタリアではユーべサポは締め出し。主審も笛を吹いてばかり。思うところがありますねぇ。
f0172142_2331457.jpg
選手も粘り強い。

シティは惜しかったなぁ。これがわが身だったら熱出して寝込んでしまいそう。マンチョの交代もうまく行って、攻撃も絶好のチャンスがあり、守備も完璧だったのに。最後の最後でスコールズをフリーにしてしまった。ベラミーのシュートやパスが始終ずれていたのでこのツケがこないといいなぁとは思ってたけど。
でもまぁスコールズの執念ヘディングも脱帽ものでした。
マンUはこれで優勝戦線に残り、この後のトテナムvsチェルシーの試合が俄然面白くなって来ました。怪我の影響がまだありそうなルーニーはこの試合でも本来のように動けてなかったけど、これからは彼に大きな期待がますますかかってきそうですね。

後半途中でヴィエラが出てきてましたよ。残念ながら大きな効果は無かったけど、元気そうでなにより。
マンチョは燦々と降り注ぐ太陽の下でマンチョ巻き。応援してたんだけどね・・・
f0172142_23393651.jpg

[PR]
by loviemma | 2010-04-17 23:39 | プレミアリーグ/イングランド

凄いですわ・・・

今朝ちょっと早起きして、CL見てたんですけど、オールドトラッフォードで1-3とCSKAモスクワに負けてたマンUが終盤に2点入れておいついたの凄かったですわ・・・。
勝ち越しは出来なかったですけど、底力を見せつけてくれました。

負けてたのはターンオーバーしてたからなんですよね。先制されてオーウェンが同点にしたけどそのあと追加点を奪われて、見た時のスコアは1-3でCGか何かの間違いかと思った。
負けるのか?と思ってたらルーニーやエブラが入ると圧倒しだして、バレンシアのシュートは枠外だったのに相手DFに当たってゴールとか・・・運まで引き寄せ怒涛の2点奪取。3-3のドローに持ち込みGL突破が決定。
なんかこう、負けるはずが無いという自信がひしひし伝わってきた。
スターティングメンバーにCL初登場のマケダとかウファビオとか見た目も少年の選手が平気で名を連ねているし。
f0172142_21225411.jpg
オベルたんて誰よ

正直うらやましい。ターンオーバーできるその自信。
インテルは今夜敵地でキエフ戦だけど、勝てるでしょうか・・・ロシア組にそんな風に思ってしまう日が来るとは。というかGLは2シーズン前ならそんなに心配はしてなかったのに。勝てなかったら・・・あぁもう考えたくない。
とにかく頑張れー
[PR]
by loviemma | 2009-11-04 21:37 | プレミアリーグ/イングランド

Rush

ここのところプレミアを生で見てなかったのですが、この試合は逃すわけにはいかんとリヴァプール対マンUの試合は見ましたよ。落ちながらも。

いやぁ凄かった。リバポはジェラードは怪我で欠場してたけど、トーレスが復帰。マンUもルーニーが復帰。公式戦を4連敗しているリバポのファンは勝ちを信じてユルネバ大合唱。
選手が登場する廊下ではギグスを横目で睨みつけるキャラガーなどなど、見てるこっちも試合前から興奮(笑)
前節のサンダーランド戦でビーチボールが投げ込まれて、そこへシュートボールが当たり不運なゴールをうみだしたピッチには、再びビーチボールが次々と放り込まれ(15個以上)試合前からえらい事になってました。
(リバポ公式オンラインショップのビーチボールが売り切れになったそうで)

試合はしょっぱなからルーニーのゴールがオフサイドで取り消されると、以降は徐々に肉弾戦。攻守の切り替わりが早くボール回しのスピードも1.5倍増し。ボール際の攻防はヒヤヒヤするくらい、ルーニーにキャラガーがアタック、ベナユントーレスにエブラが、キャリックにキャラガーが、スコールズにマスチェラーノが。しかも主審はめったに笛吹かないしw
アウレリオのFKやヘディングがゴールに迫るけど、ファンデルサルがファインセーブを繰り返し。

ゴールシーンは後半65分、ベナユンからパスを受け、リオと競りながら(体当たりされながら)ドリブルで突進したトーレスがついにゴールネット天井を揺らす。ほんと今まであまり見た事の無いようなすさまじいゴールだった。 シュートチャンスは少なかったけど、千載一遇のチャンスはモノにする、トーレスたん鬼すぎる。ベナユンのパスも見事でした。バベルとならベナユンの方が断然いい。
一方のルーニーもなかなかシュートが打てず、とはいえマンUもベルバトフとバレンシアがキレキレ。
f0172142_2148158.jpg

f0172142_110519.jpg

f0172142_175257.jpg

そして90分にはこのカードのお約束となりつつある、既にイエローを貰っていたヴィディッチがカイトを倒して、2枚目で退場。その後リバポもマスチェラーノが退場。
お互い10人となったマンUにリバポが襲い掛かかり、追加タイムも5分を過ぎた頃、トーレスに代わって途中出場のエンゴクがカイト→ルーカスと渡ったボールを受けてとどめの追加点。試合終わって無いのに反対側から仕事場を空っぽにして祝福に駆けつけるレイナ・・・さすが宴会部長なだけはある。途中出場していたマンUに移籍のオーウェンもゴールは叶わず少し寂しそうな表情を残して試合終了。
f0172142_21485578.jpg
2-0でリバポの勝利。

どう形容していいか分からないけど、ナショナルマッチに相応しいゲームでした。
こういうゲームが見れるのはプレミアだからか、いやリヴァプールだからなのか。ジェラードがいなくてもマンUに勝ててなぜサンダーランドやリヨンに負けたか良く分からない。追い詰められた時のリバポの集中力と団結力はサポを含め他に類を見ないなぁ。
倉敷さんと三浦氏の実況も殆どリバポ応援だった。というか最後の方は実況捨てて堂々と応援w ギグスFKに「嫌ですよ~」、トーレスがドリブルで駆け上がると「ヨシ!」だとか。全く自重なし。面白かったけど。

その後のバルセロナの試合は見てなかったけど、5点くらいいれて(適当w 実際は6点です)サラゴサを一蹴。
まー凄いとは思うけど、凄すぎて結果だけ見てもへぇ~で終わっちゃうな・・・インテルがやったならこっちもお祭り状態だけどね♪
f0172142_21412057.jpg
マクたんの元気そうな姿は見たかったorz
[PR]
by loviemma | 2009-10-26 21:20 | プレミアリーグ/イングランド
19日、土曜日のイングランドプレミアリーグ 第6週

ウェストハム 2-3 リバプール

リバポファンにとってはハラハラしっぱなしのゲームだったと思いますが、端から見てると面白すぎな試合でした。
20分、アウェイのリバプールがトーレスのゴールで先制。相手ボールを奪ったインスアからのパスを受けるとエリア内に切り込み、技ありシュート。さすがエース・・・

ウェストハムは立て続けにアプソン、ベーラミの2人が相次いで負傷交代、ピンチと思いきや、30分にエリア内でキャラガーがハインスを倒して判定PK。リボルノから新加入のディアマンティが決めて同点に。
その後、42分にリバプールがベナユンCK→ジェラードのヘディングシュート(&カイトのタッチ有り)で1-2と突き放す。
前半これで終わりかと思いきや、追加タイム中にウェストハムがCKからコールの頭で再び同点。
45分間でもうおなか一杯w

後半はリバポファンのヤキモキタイムが続き、75分、カイトに代わって入ったバベルからのクロスにトーレスが頭で合わせてゴール!逆転。
その後ウェストハムが同点かというシーンもありましたが抑えられてフルタイム。
f0172142_16584363.jpg
ガスの元栓ヨシ

リバプールはセットプレーで相変わらず失点してるけど、得点力はさすが。
優勝戦線に絡むにはこういうゲームで確実に勝って、首位と離されないこと。無事勝ってめでたしめでたしでした。でもやっぱり失点癖は良くないね。
ウェストハムもゾラのチームなので、頑張って欲しいんですが・・・いい選手もいてるし。ハインスというジャマイカンのプレーはわくわくさせてくれました。覚えておこう。ディアマンティもなかなか面白い。


アーセナル 4ー0 ウィガン

ヴェルメーレン2発
f0172142_1775670.jpg
戸締りヨシ
+エドゥアルド、セスクがゴールで大勝。
f0172142_185213.jpgスタンドにスパイク・リーを発見。この人何シーズンか前インテルのシーズンチケット買ってなかったでしたっけ…(試合の感想それだけですか)









バルセロナ 5-2 アトレティコ・マドリー

最後の10分だけ観戦。
その時既に4-1で勝っててズラのゴールは?と思ってたら試合開始直後にゴールしてたようです。
試合の終盤にフォルラン(アトレティコ)のゴールとメッシのダメ押し弾見れました。
何だかんだ言ってゴールしてますね、ズラたん。マクたんもフル出場してたみたいですがいまいち解らなかった(´Д⊂ヽ
f0172142_1720174.jpg
俺様がゴールしたら勝利間違いナシ…

[PR]
by loviemma | 2009-09-20 15:45 | プレミアリーグ/イングランド

大丈夫?

イングランド・プレミアリーグ 3週目

リバプール 1-3 アストンヴィラ

おいおい~リバプールが早くも2敗・・・

33分にルーカスがオウンゴールで1点献上、前半終了間際にはデイビスに決められ、早くも2点ビハインド。
後半になってボールが回るようになったリバポ、それでもヴィラのGKフリーデルの神セーブもあってなかなかゴールに届かず。

71分になって、インスアがエリア内に切れ込んで倒れこみながらパス、目の下のあざも痛々しいトーレスが右足で合わせてやっと1点返てようやく反撃!?
なのにその直後の74分にはキャピテンがレオ・コーカーをエリア内で倒してPK、ヤングが決めてまた2点差に。

84分、ボロニンのクロスからのキャラガーのゴールはオフサイド判定・・・最後のパス回しもボールが縦には動かずただ回っているだけ・・・
リバプールは枠内外含めてシュート数がヴィラを圧倒したにもかかわらず(ジェラードなんか5本の枠内シュート!)、結局ヴィラが3-1で勝利しました。

リバプールは・・・(´Д`;)
アロンソは出て行くしシーズン前から怪我人があまりに多いし、試合中でも接触して怪我するし、運までどっかに行ってしまったような。みんないらいらしててちっともかみ合わない。あの寛容なサポでも今日の試合は早々に見切ったのか途中で帰ってしまう始末。
そんな他所のチームを心配してる場合じゃないかもしれないけど。心配ですね。
f0172142_630118.jpg
やべーよー
[PR]
by loviemma | 2009-08-25 06:35 | プレミアリーグ/イングランド